太く短めですので打ち合い等の実戦的な使用に向いております 白樫 大勧め 大刀 一刀流木刀 誠実

太く短めですので打ち合い等の実戦的な使用に向いております 白樫 一刀流木刀 大刀

太く短めですので打ち合い等の実戦的な使用に向いております 白樫 大勧め 大刀 一刀流木刀 大刀,スポーツ・アウトドア , 格闘技・武術 , 剣道 , 竹刀・木刀 , 木刀,一刀流木刀,太く短めですので打ち合い等の実戦的な使用に向いております,gaming.tn,白樫,/corrosive22390.html,3740円 大刀,スポーツ・アウトドア , 格闘技・武術 , 剣道 , 竹刀・木刀 , 木刀,一刀流木刀,太く短めですので打ち合い等の実戦的な使用に向いております,gaming.tn,白樫,/corrosive22390.html,3740円 3740円 太く短めですので打ち合い等の実戦的な使用に向いております 白樫 一刀流木刀 大刀 スポーツ・アウトドア 格闘技・武術 剣道 竹刀・木刀 木刀 3740円 太く短めですので打ち合い等の実戦的な使用に向いております 白樫 一刀流木刀 大刀 スポーツ・アウトドア 格闘技・武術 剣道 竹刀・木刀 木刀 太く短めですので打ち合い等の実戦的な使用に向いております 白樫 大勧め 大刀 一刀流木刀

3740円

太く短めですので打ち合い等の実戦的な使用に向いております 白樫 一刀流木刀 大刀





白樫製の一刀流木刀の大刀です。一刀流木刀の主な特徴は通常の木刀と比べますと柄が少し短くなっておりますが、直径は一回り太めとなっております。形状としては反りが浅く峯が丸峯の為、ずんぐりした印象です。白樫製で太く短めですので打ち合い等の実戦的な使用に向いております。十分に乾燥させた国産の材料のみを使用し、宮崎県都城市の伝統工芸士の工房で製作された高品質な仕上がりとなっております。

【一刀流とは?】
戦国時代末期に現れた中条流の剣客で「剣鬼」の異名を取る剛剣の使い手伊東一刀斎景久が開いた流派。一刀斎は中条外他流の鐘捲自斎の門弟でその極意を受け継ぎ、諸国を巡って修行して一刀流を開いた。
一刀流は中条流の影響を色濃く受け、定寸の刀も二尺の細身の刀と一尺五寸五分の小太刀を用いる。稽古は、新影流が早くから竹刀を取り入れているためその系列である柳生流が竹刀を用いているのに対し、あくまで木刀を用いて厳しい稽古を行ったため、自然歴代将軍は柳生流を好んだ。

一刀流の中でもその正統を他と区別する為に名乗っているのが小野派一刀流である。江戸時代には梶派、中西派、北辰一刀流、無刀流など分派を生み出した。
一刀流の極意は切り落としにあります。一刀のもとに敵を倒す。その一撃は高度な術理にもとづいた日本武道の精華でもあります。

有名な門弟には新選組三番隊隊長斉藤一を始めとして人切りの異名を取る監察大石鍬次郎、隊士塩沢麟太郎、島田弥一郎、野崎太郎、小林桂之介、池田小三郎、佐久間丑太郎等です。

【白樫とは?】
シラガシは本州中南部・四国・九州に分布する、ブナ科コナラ属の常緑広葉樹で、非常に重硬で強靭な材料です。堅い素材の為、繊維が荒くササクレやすいのが唯一の難点でしょうか。木刀では一般的なものから杖・素振木刀・流派木刀と、幅広く使用されております。特に、重量があり強度に優れる為、打ち合い・素振りといった武道の実戦用に向いています。

硬度
★★★★
粘度
★★★
重量
★★★
打合
★★★★
鑑賞
★★☆☆☆
稀少
★★☆☆

※上記は、店長の主観による評価です。科学的実験やデータに基づいた物ではございません。

仕様
商品名 白樫 一刀流木刀 大刀
(しらがし いっとうりゅうぼくとう だいとう)
材質 白樫製
全長 98.5cm
刀身の長さ 74cm
柄の長さ 24.5cm
柄の直径 約39 x 30mm
柄形状 楕円径
柄段差 正式(刀身と柄の間の段差有り)
重量 約680g
峯の形状 丸峯
材料原産国 日本製
製作 日本製(宮崎県都城市)
※木製品の為、木目・色合(濃淡)・重量には個体差がございます

太く短めですので打ち合い等の実戦的な使用に向いております 白樫 一刀流木刀 大刀

ずんぐりした印象のある一刀流の木刀ですが、握りやすく振りやすいので、普及型より重いのもあまり気になりません。ニス無しがあれば良かったのですが。。
運動不足を少しでも解消しようと思い、素振りを始めたのですが、ちゃんとした木刀を持っていなかったので購入しました。こちらの木刀を選んだ理由は、他のものに比べ長さが少し短めなのと、重さがちょうどよかったからです。 
{{ isMenu ? 'CLOSE' : 'MENU' }}

ドクター監修医療記事